新潟県 〔金工品〕 燕鎚起銅器

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
北陸信越 新潟
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

燕地方の銅器業は、江戸時代中期に、仙台の渡り職人がその技術を伝えたところから始まったとされています。地元の弥彦山から採れた銅を用いて、やかん類が生産されていました。

明治維新後は各地との技術交流が盛んとなり、彫金技術を含め美術工芸品としての地位を確立しました。これが今日の新潟県燕市の金属加工業の発展の基盤となりました。

燕鎚起銅器(詳細ページ)

関連商品