熊本県 〔金工品〕 肥後象がん

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
九州 熊本
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

寛永9(1632)年肥後国主として入国した細川忠利侯に仕えた林又七が、鉄砲や刀の鐔に象がんを施したのが祖とされます。

江戸時代この林家のほか平田家・西垣家・志水家・神吉家などにより、肥後鐔の名品が数多く残されています。明治9年(1876年)の廃刀令以降は、装身具や装飾品に転じ、日常生活の変化に対応した製品が作られています。

肥後象がん(詳細ページ)

関連商品