広島県 〔文具〕 川尻筆

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
中国 広島
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

産地と筆の関わりは、19世紀前半に菊谷三蔵が摂州有馬(現在の兵庫県)から筆を仕入れ、寺子屋などで販売したのが始まりと言われています。

また、筆の商売で成功の後、村人に筆の製造が農閑期の副業に有利なことを説き、19世紀半ば、上野八重吉が作ったのが、筆製造の始まりとされています。その後、何人かの業者が続き、「川尻筆」としての産地形成をなし、その名を全国に知られるようになりました。

川尻筆(詳細ページ)

関連商品