大分県 〔木工品/竹工品〕 別府竹細工

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
九州 大分
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

室町時代に行商用の籠を作って売り出したのが始まりとされています。江戸時代には、別府温泉の名が広まり、温泉の客が滞在中に使う台所用品が作られました。これらが土産物として持ち帰られるようになるにつれ、竹細工がたくさん作られるようになり、別府周辺の地場産業となりました。

明治後期に別府工業徒弟学校竹籃科が設立され、多くのすぐれた作家や技術者が出て、現在の別府竹細工の基礎が築かれました。

別府竹細工(詳細ページ)

関連商品