岐阜県 〔漆器〕 飛騨春慶

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
東海 岐阜
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

江戸時代の初め、高山城下で神社や寺作りをしていた大工の棟梁(とうりょう)が、たまたま打ち割ったサワラの木の美しい木目を発見し、そこから美しい枇目(へぎめ)の盆が塗り上げられました。

色調が茶器の名品で加藤景正の飛春慶(ひしゅんけい)に似ているところから、春慶塗と名付けられたと伝えられています。

飛騨春慶(詳細ページ)

関連商品