東京都 〔金工品〕 東京銀器

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
関東 東京
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

江戸時代中期に、彫金師の彫刻する器物の生地の作り手として、銀師(しろがねし)と呼ばれる銀器職人や、櫛、かんざし、神興(みこし)金具等を作る金工師と呼ばれる飾り職人が登場したことが「東京銀器」の始まりでした。

江戸でこれらの金工師が育った背景には、貨幣を作る金座・銀座の存在、また各大名が集まる政治経済、文化の中心であったことが挙げられます。

東京銀器(詳細ページ)

関連商品