京都府〔染色品〕 京鹿の子絞

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
関西 京都
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

絞り染めは、日本では千数百年も前から行われており、宮廷衣装の紋様表現として用いられてきました。

括(くく)りの模様が子鹿の斑点に似ているところから「鹿の子絞り」と言われます。室町時代から江戸時代初期にかけて、辻が花染として盛んに行われるようになり、江戸時代中期には、鹿の子絞りの全盛期を迎えました。その後も手先の技は着実に受け継がれて来ています。

京鹿の子絞(詳細ページ)

関連商品