東京都〔染色品〕 東京手描友禅

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
関東 東京
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

江戸時代中期、武家政治の中心として文化や経済がともに栄えた江戸には、「くだりもの」と言われる関西方面からの産物が、たくさん集まってきました。こうした時代の流れにのって大名のおかかえ染師(そめし)等が多く江戸に移り住むようになり、各種の技法が伝えられました。

町人が経済の主導権をにぎるようになるとともに、町人文化が発達して、粋やさびといった感覚が一般的になり、模様絵師による手描友禅が発展しました。

東京手描友禅(詳細ページ)

関連商品