愛知県 〔文具〕 豊橋筆

カテゴリ
芸術・伝統工芸
エリア
東海 愛知
ショップ
伝統工芸 青山スクエア
更新日
2020-11-26

江戸時代後期に、現在の豊橋市にあたる地域を支配していた吉田藩の藩主が、京都の職人を、藩のために筆を作る御用筆匠(ごようふでしょう)として迎え、下級武士に副業として筆作りを奨励したのが始まりです。

明治初年、芯巻筆(しんまきふで)を改良した、現在の筆と同じ作りの水筆の製法で筆が作られるようになり、豊橋筆の基礎となりました。現在筆作りの職人375人が、伝統的技術・技法を受け継ぎ、筆作りに励んでいます。

豊橋筆(詳細ページ)

関連商品